企業情報 会社概要

NMNproリプロユース 6000+


JANコード:4589860030250

内容量:23.4g【390mg(内容量320mg)×60粒】

保质期
2年間

原材料名
ニコチンアミドモノヌクレオチド、澱粉、ラフマ葉エキス末/結晶セルロース、HPMC、微粒二酸化ケイ素、ステアリン酸マグネシウム

お召し上がり方
1日2粒を目安に水またはぬるま湯でお召し上がり下さい。

ご注意:
●動植物由来の原料を使用しているため、粒の色やにおいに差が生じることがありますが、品質には問題ありません。
●体質や体調によりまれに合わない場合がありますが、その場合はご使用をお控えください。
●通院・入院中の方は、ご使用になる前に医師にご相談ください。
●妊娠中、授乳中の方、乳幼児及び小児のご利用はお控えください。
●食事アレルギーのある方は、原材料名をご参照の上お召し上がりにならないでください。
●乳児の手の届かないところに保管してください。
●開封後はお早めにお召し上がりください。
●賞味期限の過ぎた製品はお召し上がりにならないでください。

抗老化物質「NMN」夢のサプリが誕生
「NMN」正式名称は[ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチド]2011年に発見された、ビタミンB3(ナイアシン)の一種です。「NMN」は代謝・炎症、細胞周期、インスリン分泌、アンモニアの解毒、DNA修復、DNA転写などの機能と関連し、加齢による老化現象や長寿に深い関係があるサーチュイン遺伝子(長寿遺伝子)を活性化させる働きがあるとされています。その働きへの期待はたいへん高く、現在さまざまな分野で研究・開発が進められている注目の成分を配合。1月3日から放送されているNHKスペシャル『NEXT WORLD 私たちの未来』「不老不死」をテーマにした第2回目の放送で紹介された成分「NMN」への注目が高まっています。また、トカナでも2013年からこの「NMN」に注目し、その若返り効果を放送により紹介され「NASA(アメリカ航空宇宙局)」注目している。現在、世界で注目をしている「NMN」ビタミンB3(ナイアシン)が本製品に配合されています。

NMN(ナイアシンビタミンB3)は老化・寿命研究の世界的権威、米ワシントン大学医学部の今井眞一郎教授のグループが研究を進めている。マウスの実験では老化の進み具合を抑えられる結果が確認されており、今後、人間への臨床研究を計画中。今井教授のグループは2000年に長寿遺伝子の存在を世界に先駆けて発見し、その中での遺伝子が寿命を制御する遺伝子であることが確認されている。マウスの実験では、脳において働きを人工的に高めると、寿命も普通のマウスに比べてメスで16%、オスも9%それぞれ延びた。今井教授によると人間の寿命に換算すれば女性で13~14年、男性で約7年延びたことになる。老化と寿命をコントロールしている脳の視床下部で、NADを作り出すのに重要な「NMN」という別の物資が鍵を握る重要な成分ではないかと考え、NMNを用いてNADの働きを高め、機能を強めれば似たような効果が得られることが期待されるのが水溶性のビタミンB3(ナイアシン)です。ナイアシンは、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素として日本でもなじみがあり、健康的な皮膚に関するだけではなく、脂肪の代謝を助けるので消化系の健康を促進します。コレステロールや中性脂肪にも関与し、血液の循環を良くすることにも関与するビタミンです。

成分:NMN
次世代のアンチエイジングケアへ全世界が注目の成分、NMN(β-ニコチンアミドモノヌクレオチド)のが一層身近に、一人でも多くの方に手に取りやすい価格でお求めいただけるよう、Bio Umbrellaが次の時代を切り拓きます。いかなる人々も年齢に関わらず、生産性を持って生きる価値を高めていくエイジング・ケアサービス、それは今まさに、アクティブ エイジングへ。

当社が提唱するNMN摂取によるエイジング・ケアサービスとは、人々が歳を重ねても生活の質が向上するように、健康、社会参加、 安全の機会を最適化するプロセスです。

それがBio UmbrellaのNMNを使ったエイジング・ケアサービスです。
NMNとはNMN(β-ニコチンアミドモノヌクレオチド)は、体の中の細胞が活動するために欠かせない補酵素「NAD+」の材料(前駆体)として非常に優れた成分です。ヒトやあらゆる生物の体内でもビタミンB3などから自然に生成される物質ですが、加齢に伴い減少してしまうことがわかっています。

NMNとNAD+
NMNが材料となって細胞の中で作られる NAD+ (ニコチンアミド・アデニン・ジヌクレオチド)は、細胞のさまざまな仕組みに関連する補酵素で、生命活動に欠かすことができません。細胞内のNAD+量の低下は、健康・長寿に関わるさまざまな生命現象に関与している長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)の活性低下も引きおこします。
長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)の活性低下は、老化及び老化関連疾患と密接な関りがある事が示されていますので、 NAD+の優れた材料である NMN に関する研究が急速に進められているのです。

なぜNMNなのか
長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)の活性低下は、老化及び老化関連疾患と密接な関りがある事が示されていますので、 NAD+の優れた材料である NMN に関する研究が急速に進められているのです。

なぜNMNなのか
NAD+を全身の生きた細胞の中に補う目的でNAD+を直接摂取しても、実際に細胞の中に取り込まれる効率はよくありません。
その理由は、経口摂取しても胃腸で分解されてしまったり、腸まで届いたNAD+が腸内細菌に利用される事で体内に吸収される量が少なくなってしまう事もありますが、何より NAD+はそもそも細胞膜を通過しにくい物質で、血流にのって細胞の近くまで流れてきても細胞の中に取り込まれにくいためです。
一方NMNは、細胞自体がNMNを細胞内に取り込むためのタンパク質を持っているため、細胞の中によく取り込まれます。
そこで、加齢に伴い減少した細胞内のNAD+を補うためには、細胞への取り込み効率が優れているNMNを摂取して、NAD+を細胞の中で効率よく合成することが必要なのです。



成分:ラフマ抽出物
ラフマは、中央アジア及びヨーロッパ温帯地域に自生する宿根草。主産地は中国新疆(シンキョウ)のウイグル自治区タリム盆地で、青海省、四川省にも分布する。その葉は古くから茶として利用されてきた。中国薬典に記載された生薬で、肝臓を鎮め、心を安定させる、不眠、高血圧症、神経衰弱に使用すると記されている。
古くから精神を癒す生薬として知られてきたラフマは、その乾燥葉から含水エタノール抽出の後、濃縮、乾燥、粉砕などの工程を経てベネトロン®へ精製される。ラフマの力を使いやすい粉末エキスとしたベネトロン®は、ヒペロサイドとイソクェルシトリンを計4パーセント以上含有。抗ストレス・抗うつの代表的な西洋ハーブ、セントジョンズワート(SJW)の主成分を高含有で規格しており、「東洋のセントジョンズワート」とも呼ばれる。

■水又はぬるま湯にて夕食前にお召し上がりください。
※飲用の注意事項は化粧箱の表記をご確認ください。
※血行が良すぎて肌が潮紅するなどがある時は、1日で数回に分けて摂取するか、食後に摂取してください。
※通常のサプリメントは3~6カ月間飲み続けないと体感が得られないといわれてますが、個人の体調等で体感できる内容に個人差があります。また、他のサプリメントと一緒に飲んでも問題はありません。
※効き目が出たからといって飲むのをやめてしまうということはおすすめできません。各成分は年々体内で作られにくくなると言われていますので、できるだけ継続的に飲むことをおすすめします。飲み続けていればそれだけ効果も持続します。